精進ミネストローネスープ

イタリアの伝統的な料理を、日本の精進料理の考え方に基づいてアレンジしました。さっぱりとした味わいでありながら、深みのある味、さまざまな食感、鮮やかな色、十分なうま味によって、深い満足感が得られます。レシピ&写真: ハンナ・カミンスキー

オリジナルレシピ https://bittersweetblog.com/2021/07/26/japanese-minestrone/

材料(4人分) 調理時間(30分(水戻し時間を除く))

  • 干し椎茸 30g
  • 500ml
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • にんじん (イチョウ切り) 2本
  • セロリ (角切り) 2本
  • ズッキーニ(中)(角切り) 1本
  • 小さじ1/2
  • 黒胡椒 小さじ1/4
  • 白味噌 大さじ3
  • 野菜だし 950ml
  • 小さいパスタ(オルゾ、ディタリーニ、ミニシェル、エルボマカロニなど) 90g
  • トマト(角切り) 大1個
  • サヤエンドウ(1cmの長さにカット) 10本
  • 枝豆 240ml
  • ゆずまたはレモン果汁 大さじ1
  • 大葉またはバジル(薄切り) 8枚

手順

1
干し椎茸を500mlの水に浸し、ラップを水面に触れるように被せて冷蔵庫に入れてひと晩水戻しします。
2
水戻しした後、椎茸を取り出し、戻し汁はとっておきます。傘の部分はスライスし、軸の部分はみじん切りにしておきます。
3
大きな鍋にオリーブオイルとごま油を入れて中火で熱し、椎茸、ニンジン、セロリ、ズッキーニを加えます。
4
柔らかくなって香りが出てくるまで約8~10分炒めます。塩とコショウで味付けし、よく混ぜ合わせます。
5
取っておいた椎茸の戻し汁と味噌を、味噌が完全に溶けていることを確認しながら泡立てます。野菜だしと一緒に鍋に入れます。
6
パスタ、トマト、スナップエンドウまたはサヤエンドウ、枝豆を加えます。
7
鍋に蓋をして、野菜が柔らかくなり、パスタがアルデンテになるまで、10~12分ほどゆっくりと煮込みます。
8
火を止めて、ゆずまたはレモンの果汁を入れて混ぜます。大葉やバジルをのせて、すぐにお召し上がりください。

その他のレシピ