ヴィーガン椎茸タコス

テンペのミンチと椎茸の軸が、ニュアンスのあるスパイスと一緒に煮込まれていて、誰もが肉と見間違うでしょう。テンペは「インドネシアの納豆」とも言われ、イオンなどに売っています。 密閉容器に入れて冷蔵庫に保管すれば、椎茸タコミートは1週間持ちます。 歯応えのある椎茸の軸を使うのがオススメです。傘の部分を使う時は粒を粗めに仕上げましょう。レシピ&写真:ハンナ・カミンスキー

米国ヴィーガン料理研究家による元の英語レシピはこちらです。

https://bittersweetblog.com/2021/09/13/shiitake-tacos/

材料((4人分)) 調理時間(20分 (+椎茸の水戻し時間))

  • テンペ(粗く刻んだもの) 200g
  • 戻した干し椎茸の軸 250g (240ml)
  • にんにく(みじん切り) 3片
  • オリーブオイル 大さじ2
  • トマトペースト 1/4カップ
  • しょうゆ 大さじ2
  • バルサミコ酢 大さじ1
  • チリパウダー 小さじ2
  • パプリカ粉 小さじ1/2
  • 乾燥オレガノ 小さじ1/2
  • タバスコ(お好みで) 小さじ1/2~1
  • コーン・トルティーヤ 8枚
  • パクチー 適宜
  • アボカド 適宜
  • フレッシュサルサ(ピコデガヨ) 適宜
  • キャベツまたはレタスの千切り 適宜

手順

1
テンペ、椎茸の軸、ニンニクをフードプロセッサーのボウルに入れます。
2
ちょうど挽き肉の粒ような大きさになるまで砕きます。細かすぎてピューレ状にならないように、やりすぎには注意してください。
3
鋳鉄製のスキレットにオイルを入れて中火で加熱します。
4
テンペ・椎茸・ニンニクのみじん切りを加え、時折かき混ぜながら軽く焦げ目がつくまで8~10分ほど炒めます。
5
別の皿にトマトペースト、醤油、バルサミコ酢、チリパウダー、パプリカ、オレガノ、ホットソース小さじ1/2を入れます。
6
滑らかになるまで混ぜたらスキレットに加え、よく混ぜ合わせます。かき混ぜながら、色が濃くなるまで5~8分加熱します。
7
火から下ろして味を調整し、お好みでタバスコを加えます。
8
トルティーヤに椎茸タコミートを盛り、コリアンダー、アボカド、サルサ、お好みでレタスやキャベツをのせてできあがり。
9
熱々のうちにお召し上がりください。

その他のレシピ