ブラウンバター風味きのこスタッフィング

ブラウンバター風味きのこスタッフィング!サワードウブレッドの酸味と椎茸のうまみを生かした、食べ応えがあってホッとするスタッフィングです。秋のハーブとナッツ風味のブラウン・バターを使ったこの料理は、サンクスギビング・ディナーに最高のサイドディッシュです。椎茸の戻し汁も使ってうまみ濃厚なヴィーガン料理です。パーティーで無ければ、4人家族用には半分の量でちょうど良いです。

レシピ&写真:ヴィーガン料理研究家 ハンナ・カミンスキー

オリジナルの英語レシピ https://bittersweetblog.com/2021/11/08/thanksgiving-stuffing/

材料(10-14人分) 調理時間(75分)

  • 干し椎茸 (一晩水戻しする) 60g
  • サワードウまたはイタリアンブレッド(1cm角にカット) 450g
  • ヴィーガンバター 120ml
  • 紫玉ねぎ(中)(4等分して薄切り) 1個
  • セロリ(角切り) 4本
  • マッシュルーム(スライス) 450g
  • にんにく(みじん切り) 4片
  • ポールトリーシーズニング 小さじ2.5
  • 小さじ1/4
  • ブラックペッパー 小さじ1
  • フラックスシードまたはチアシード粉末 大さじ2
  • アップルサイダービネガー 大さじ1
  • 椎茸の戻し汁 700ml
  • ヘーゼルナッツ 120ml
  • 生パセリ(みじん切り) 60ml

手順

1
戻した椎茸の水気を切り戻し汁は取っておく。傘と軸を切り分け傘はスライスし軸はみじん切りにする。他の野菜類も切っておく。
2
オーブンを180度に予熱します。2枚の天板に、角切りにしたパンを重ならないように一枚ずつ並べる。
3
途中でかき混ぜながら、10~15分ほど焼いて、均等にトーストします。パンを取り出します。
4
大きな鍋を中火にかけ、バターを加えます。溶けてくると、バターが泡立ち始め、端の方でジュワッと音がします。
5
約5~8分、静かにかき混ぜ続けます。バターがキツネ色になり、ナッツのような香りがしてきたらOK。
6
タマネギ、セロリ、マッシュルーム、椎茸、ニンニクを加えます。
7
よくかき混ぜながら、野菜が柔らかくなり、香りが高くなるまで10~13分加熱します。
8
ポールトリーシーズニング、塩、黒こしょうを加え、さらに1分ほど加熱して、味をなじませます。
9
火を止めてフラックスシードを振り入れよく混ぜ合わせます。トーストしたパンを加え材料が均等になるようによくかき混ぜます。
10
大きめのボウルも使いよく混ぜ合わせます。ビネガー、椎茸の戻し汁、ヘーゼルナッツ、パセリを加えよく混ぜ合わせます。
11
混ぜ合わせたものを30x20cmの耐熱皿に移し、均等に広げます。
12
190度に加熱したオーブンに入れて、35-45分、全体がキツネ色になるまで焼きます。
13
10分ほど置いて冷ましてからお召し上がりください。

ポイント

スタッフィングを前もって作る場合は、1日前に最終焼成段階までスタッフィングを準備し、焼くまで蓋をして冷蔵庫で保管できます。 ポールトリーシーズニングは七面鳥や鶏の丸焼きに使う調味料です。 サワードウ・ブレッドは自然発酵させた酵母のパンです。

その他のレシピ